2022.11.24

スペイン国王フェリペ6世陛下より「エンコミエンダ章」を授与

2022年11月24日(木)、スペイン大使公邸にて叙勲伝達式が行われ、弊社代表取締役社長・木村清に、スペイン国王フェリペ6世陛下より文民功労勲章「エンコミエンダ章」が授与されました。



このエンコミエンダ章とは、1926年に「偉大な活動や有益なイニシアチブ、職務の模範的な遂行などによって、スペイン国家の利益と繁栄に結びつく事に大いに寄与した者」を讃えることを目的として制定された歴史ある勲章です。
「すしざんまい」では、スペインで長年にわたり水産業の発展に努めており、マグロについては天然の生け簀で育てた高品質のマグロを必要に応じて取り上げ、日本に輸出しています。生産調整をしながら増殖させていくマグロの備蓄システムを構築し、水産資源の保護並びに安定供給に貢献してきました。
また、2021年に新型コロナウィルスのワクチン接種が始まった際には、スペイン大使館職員の方々に喜代村での職域接種の機会をいち早く提供するなど、外交活動に貢献した点も高く評価されています。
今回、株式会社喜代村の代表として、また日本ラテンアメリカカリブ振興協会の名誉理事として、木村社長が双方の立場から、経済商業分野においてスペインと日本の関係に深く寄与してきたことが称えられ、栄えある勲章の授与に至りました。



叙勲伝達式では、はじめにフィデル・センタゴルタ駐日スペイン大使よりスペイン国王勅令の読み上げと勲章の授与が行われました。大使から送られた勲章を身につけた木村社長は、「光栄で身の引き締まる思い」「皆様に支えられてのおかげ」と感謝を述べ、スペインとの今後のますますの関係促進を抱負に掲げました。



続いて、二階俊博衆議院議員、西村康稔経済産業大臣、岩崎茂元統合幕僚長、田母神俊雄元航空幕僚長からご挨拶をいただいた他、齋藤健法務大臣もお祝いに駆けつけてくださいました。
かねてより木村社長と交流のある二階衆議院議員は、旧知の友人が名誉ある勲章を受章したことは誇らしいと喜びの言葉を述べられ、西村大臣は過去スペインに行かれた際のお話を交えながら、魚食文化の豊かさを日本と重ね「すしざんまいで美味しいスペインのまぐろフェアをぜひ」と話し、会場の笑いを誘いました。
林幹雄衆議院議員より乾杯のご発声をいただき、祝福に駆けつけてくださったお客様との歓談の時間へ。政財界の要人をはじめ取引先企業様、ご学友など、100名近くの方がお集まりくださいました。
バンドの生演奏による明るい音楽が公邸に流れる中、スペイン大使館のシェフの料理とともに、すしざんまいの職人たちが寿司をふるまいました。日本のみならず世界各国の多くのゲストを交え、式典は厳かかつ晴れやかに執り行われました。